スノボー苦手意識を克服する!初心者から抜け出す5つの練習法

まずは立ってみよう

靴を履き、ボードを足に付けたらまずは立ってみましょう。

スキーになれている人でも、両足が1つのボードに固定されるのはなかなか手こずるところでもあります。

両足を固定した状態で立てるようになったら、いよいよスノーボードを始められます。

止まる練習をする

まずはもっとも大切なブレーキの感覚を掴みましょう。

スノーボードでのブレーキは身体が進行方向を向いているのなら、かかと側で踏ん張ってブレーキをかけます。

反対に背中が進行方向を向いているのなら、つま先側で踏ん張ってブレーキをかけます。

 

ブレーキさえ覚えてしまえば怪我をする心配はなくなりますし、スピードが出て怖くなっても減速できます。

初心者のうちでもっとも大切なのは、気持ちよく滑ることではなく怪我をせずに安全に滑ることです。

転ぶ練習をする

止まれるようになったら次は滑る・・のではなく、転ぶ練習をしておきましょう。

基本的にはブレーキをかけて止まりますが、初めて間もない頃はすぐに転倒してしまいます。

極力怪我をしないスノーボードをこころがけるうえで、上手い転び方は必須となります。

前方へ転ぶケースと後方へ転ぶケースがありますが、後方へ倒れると後頭部を強打する可能性もあるので、できれば前に転びましょう。

前に転ぶ際には手首を痛めることが多いので、手をついて倒れるのではなく、膝をまげて身を倒すといいでしょう。

木の葉滑りをしてみよう

とりあえず滑ってみるという場合、初心者に多く見られる滑り方が”木の葉滑り”です。

木の葉滑りは前を向いて左右に動きながら斜面を滑る方法で、安全ではありますがあまり楽しくはありません。

ただし、まずはスノーボードで滑ってみたいという場合には、簡単に誰でもできるのでオススメです。

スクールを体験してみる

スキー場によっては初心者向けにスクールを開催しているところもあります。

費用は多少かかってしまいますが、しっかりと基礎から教えてもらえるので、長い間趣味としてウィンタースポーツをするのなら安い投資になるはずです。

スキー場までの移動を楽にしよう

スキー・スノボーに行くとき、車や電車で行く人が多いのではないでしょうか。

電車でのアクセスは安く済みますし、車での移動は少人数なら身軽で便利です。

しかし、スキーやスノボーを思いっきり楽しんだ後に車を運転するのは大変です。運転手に負担が全てかかるうえに慣れない雪道の運転はいつも以上に疲れてしまいます。

電車などの公共交通機関を利用する場合でも、帰りの時間を気にする必要があるので、ナイターまで滑って帰るのは難しいです。

帰りのことを気にせず思いっきりスキーを楽しみたい、慣れない雪道を運転する心配をしたくない、そんな人にオススメなのが貸切バスです。

貸切バスならプロのドライバーが運転してくれるので、乗車した後は目的地まで仲間同士で盛り上がれます。また、乗り換えもないので荷物をいちいち移動させる必要もありません。

走行ルートも自由に指定できるので、スキーの帰り道にどこか温泉に寄ってから帰るということも可能です。

団体でのスキーを少しでも楽にしたい方は、ぜひこの機会に貸切バスの利用を検討してみてください。

関連記事

お見積・お問い合わせはこちら

06-6355-0300
受付時間 / 9:00~18:00(日・祝休み)
このページのトップへ