スキー初心者向け!仲間と差を付けるスキー練習のコツ

歩けるようになろう

まずは基本としてスキー板を履いたまま歩けるようになりましょう。

リフト前や緩やかな登り坂など、スキー場内で歩くことは意外と多いです。

平地や緩やかな坂では板を真っ直ぐにして、ストックを両手に一本ずつ持って前に体を押し出します。

基本的な動作はストックをやや後方に傾けつつ、身体を前に押し出す、これの繰り返しになります。

 

急な坂を上るときにはカニ歩きが役立ちます。

斜面に対して横向きになり、少しずつ慎重に登っていきましょう。

上手く転ぶ

スキーの難易度をあげている原因となる”転倒”ですが、正しい倒れ方を覚えておけば大きな怪我をある程度回避できる可能性が高くなります。

必ず覚えておいてほしいポイントは”横に倒れること”です。

この転び方をしっかり覚えて練習しておかないと、いざ転倒したときに怪我をしてしまうこともあります。

一番危ない転び方としては背中から後ろに倒れこむことです。
このときスキー板自体は雪面に付いているためスピードが落ちず、前が見えない状態で滑り続けることになります。

しっかりと止まる

ここまでをマスターしたら、いよいよ滑る練習に入っていきますが、まずは滑る前に止まる練習をしましょう。

自由にスキー板を操るうえで止まることは重要ですし、いつでも止まれるのであれば恐怖心は自然と薄れていきます。

まずはスピードが出過ぎない、比較的なだらかな斜面でスキー板をハの字になるように構えましょう。

”ボーゲン”の練習をする

次はプルークボーゲンと呼ばれる基本的な滑り方をマスターしていきましょう。

プルークボーゲンはスキー板をハの字にして滑る方法で、スピードを抑えつつもっともコントロールがとりやすい状態を維持できます。

 

ここまで全てこなせれば初心者コースであれば危なげなく滑れるはずです。

ただし、実際のコース上には初心者から上級者までいろんな人が集まっています。

コース上で滑るときはかならず他の人に気を付けてスキーを楽しみましょう。

スキー場までの移動を楽にしよう

スキー・スノボーに行くとき、車や電車で行く人が多いのではないでしょうか。

電車でのアクセスは安く済みますし、車での移動は少人数なら身軽で便利です。

しかし、スキーやスノボーを思いっきり楽しんだ後に車を運転するのは大変です。運転手に負担が全てかかるうえに慣れない雪道の運転はいつも以上に疲れてしまいます。

電車などの公共交通機関を利用する場合でも、帰りの時間を気にする必要があるので、ナイターまで滑って帰るのは難しいです。

帰りのことを気にせず思いっきりスキーを楽しみたい、慣れない雪道を運転する心配をしたくない、そんな人にオススメなのが貸切バスです。

貸切バスならプロのドライバーが運転してくれるので、乗車した後は目的地まで仲間同士で盛り上がれます。また、乗り換えもないので荷物をいちいち移動させる必要もありません。

走行ルートも自由に指定できるので、スキーの帰り道にどこか温泉に寄ってから帰るということも可能です。

団体でのスキーを少しでも楽にしたい方は、ぜひこの機会に貸切バスの利用を検討してみてください。

関連記事

お見積・お問い合わせはこちら

06-6355-0300
受付時間 / 9:00~18:00(日・祝休み)
このページのトップへ