夏場のスキー!グラススキーを覚えて年中スキーを楽しもう!

グラススキーはキャタピラのついた板で、刈り込まれた芝生の上を滑るスポーツです。

スキー板は70cm~80cm程度で、一般的なスキー板と比べるとやや短めといえるでしょう。

重心の移動やテクニックなど基本的な動作は冬場のスキーと同じなので、元々はスキー愛好家や選手が夏場でも練習をするためにヨーロッパで考えられました。

雪の降らない地域でもスキーが楽しめることから世界中に広まり、現在では世界大会が開催されることもあります。

冬場にしかスキーをやったことがない方や、スキーをやってみたいのに雪が降らず困っている人は、ぜひグラススキーにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スキーとグラススキーとの違い

スキーは雪のゲレンデを滑走するため、横滑りやツルツル滑る感覚があります。

対するグラススキーは芝生の上を滑走するので、感覚としてはローラースケートに近いものとなります。

また、スキーならブレーキを自在にかけて急停止もできますが、グラススキーは急には止まれません。

この”横滑り”ができないことが、スキー経験者によっては大きな違和感となる可能性があります。

グラススキーに必要な道具

板の裏にキャタピラーが付いたグラススキー専用の板・ブーツ・ストックが必要になります。

グラススキー板は購入することもできますが、販売しているところが少なく高額であるため、まずはレンタルするといいでしょう。

ブーツとストックに関しては冬場のスキー用のものを流用しても問題ありません。

服装は転倒に備えてなるべく肌の露出はおさえ、手袋があるとなおよいでしょう。

グラススキーは難しい?

スキーをやったことのない人がグラススキーをするのは難しそうに感じられますが、コツさえつかめれば経験者より慣れやすいかも知れません。

また、スキー経験者だとスキーの特質である”横ずれでのブレーキ”ができないため、経験が仇となる可能性もあります。

バランス感覚は求められますが、スキーへの先入観がないぶん、初心者の上達スピードは早いかもしれません。

スキー場までの移動を楽にしよう

スキー・スノボーに行くとき、車や電車で行く人が多いのではないでしょうか。

電車でのアクセスは安く済みますし、車での移動は少人数なら身軽で便利です。

しかし、スキーやスノボーを思いっきり楽しんだ後に車を運転するのは大変です。運転手に負担が全てかかるうえに慣れない雪道の運転はいつも以上に疲れてしまいます。

電車などの公共交通機関を利用する場合でも、帰りの時間を気にする必要があるので、ナイターまで滑って帰るのは難しいです。

帰りのことを気にせず思いっきりスキーを楽しみたい、慣れない雪道を運転する心配をしたくない、そんな人にオススメなのが貸切バスです。

貸切バスならプロのドライバーが運転してくれるので、乗車した後は目的地まで仲間同士で盛り上がれます。また、乗り換えもないので荷物をいちいち移動させる必要もありません。

走行ルートも自由に指定できるので、スキーの帰り道にどこか温泉に寄ってから帰るということも可能です。

団体でのスキーを少しでも楽にしたい方は、ぜひこの機会に貸切バスの利用を検討してみてください。

関連記事

お見積・お問い合わせはこちら

06-6355-0300
受付時間 / 9:00~18:00(日・祝休み)
このページのトップへ