スキー場のリフト券って?知って得するリフト券の豆知識

スキー・スノボーの基本

スキー場には山に登るためにリフトやゴンドラに乗る必要があります。そしてリフトやゴンドラに乗るためには、リフト券やゴンドラ券を購入しなければなりません。

リフト券の価格はスキー場ごとに異なるので、あらかじめ確認したうえでスキー場へ行きましょう。

リフト券・ゴンドラ券はスキー場によっては共通リフト券となっている場合があり、リフト券にはいくつかの種類があります。1回券や回数券は千切って係員に渡したり、カードタイプのものは挿入口にカードを挿入して利用します。

リフト券は基本的に透明なケースに入っており、これを係員に見せてリフトに乗ることになります。なお、このリフト券は基本的には個人固有のもので、他人に譲渡したり売却することはできません。

リフト券の種類

リフト券には時間制限のあるものや、シーズン中ずっと使用できるものまでいろんな種類があります。

自分がどの程度の頻度でスキー場に通えるのか、自身にあったリフト券を購入しましょう。

リフト券は小学生、中学生、高校生、大人、シニア、その他に大別され、それぞれ価格が異なります。

1日券

1日券はリフトに1日(ナイター含む)丸々乗れる券です。

1日通してひたすら滑る人にはおすすめできるでしょう。

また、基本的に数日間滑るのであれば、最大滞在日数分のリフト券を購入した方が割安になる傾向があります。

2日券

2日券はリフトに2日間乗れる券です。

1日しか滑らないという人は間違って購入しないよう気を付けましょう。

もし学生割引を利用するなら、念のため学生証を持参するよう心がけましょう。

午前券

スキー場によって時間は変動しますが、午前券は13時ぐらいまで滑れる券です。

スキー場のオープン時間と相談しつつ購入しましょう。

午後券

午後券はスキー場によって利用開始時刻が変わりますが、午後12時ぐらいから滑れる券です。

午後遅くまで残れるのであれば、こちらを選べば間違いないでしょう。

ナイター券

ナイター券は夜に滑れる券です。

夜は人が少なくライトアップもされていて幻想的ですが、視界は悪く滑れるコースも制限されます。

自分に合ったものを選びましょう。

シーズン券

シーズン券はそのシーズン中何度でもリフトに乗れる券です。

金額は高額になりやすいですが、それだけ通う可能性があるのなら現実的な選択肢となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました