スキーとスノボはどう違う?自分に合ったものを選ぶコツ

スキー・スノボーの基本

スキーは前向き

スキーは左右の足にスキー板を履き、前を向いてストックを持って滑るのが特徴的です。

スノーボードと違って、平地でも移動しやすいですが、スピードが乗りやすく初めてだと恐怖を感じてしまうこともあります。

ただし、安定性はスノーボードよりも高いうえに、前を向いて滑れるのでウィンタースポーツを試してみたい人にはお勧めです。

スノーボードは横向き

スノーボードはスキーと違い、両足を同じ板に固定し、横を向いて滑るのが特徴です。

最初のうちは横を向いて滑り降りることに慣れず、スキーよりも体感スピードは速く感じることが多いです。

なによりも横向きで滑ると前が見えないため、転倒や衝突の危険性はスキーより高くなります。

どちらを選ぶべき?

それぞれに特徴がありますが、スピードを楽しみたい人はスキーを選び、ジャンプやトリックを楽しみたいのならスノーボードをおすすめします。

どちらを選ぶべきかという明確な目安はありませんが、装備を揃える料金や手軽さを考えるならスノーボードを選ぶことになるかと思います。
スノーボードならストックを持つ必要がなく、両手の自由が利きますし、ストックを購入する必要がないからです。

しかし横向きで滑る恐怖というものは意外と障害となるので、一度スキーとスノーボードを体験してみて、どちらが自分に合っているかを確かめるといいでしょう。

どちらが難しいのか

結局のところ自分にあったものは自分にしか分かりません。

スピードへの恐怖心があまりない方ならスノーボードでも速く滑れるかも知れません。

ただし、安定性という点では片足ずつに分かれているスキーの方がはるかに安定しますし、いざというときはもう片足で踏ん張ることもできます。

しかし、スキーとスノボーを一緒にして比較するのは、それぞれにはそれぞれの難しさがあり、適正や運動神経によって得意なものが異なるため比較できません。

最終的には自分の好みでどちらかを選ぶようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました